リメイク、カスタム

気が付けば2月も後半に入ってました。長らくブログ更新が止まっておりましたが、仕事はしております(笑)

今回はそんな日々の作業の中から最近の修理加工をご紹介します。

ヘッドホンですが、どうしても直接当たる部分は剥がれたり劣化してきます。お客様がメーカーに問い合わせたところ、そこの部分は修理できないとの返答が。他の部分は全く問題ないので使えないのは勿体無いです。そこで劣化してきた部分を革で張替えました。

上部はハリのある牛革を、下部は柔らかいピッグスキンを使用しました。これで問題なく使用できます。

続いてはトートバッグの持ち手長さ変更です。現状のものより長く作り直しています。

バックの修理やカスタムも細かく対応しております。まずはお問い合わせ下さい。

 

カテゴリー: 修理 | コメントをどうぞ

レザークッションカバー

早いもので今年も残すところあと1週間ほどになりました。革工房GYPSYも年内最終営業の28日まではフル稼働で頑張っていきます。

今回は初の試み、ベンチソファに使用するクッションのカバーを革で制作しました。

オーダー頂いたのは京都市中京区西ノ京にあるノセ設計室さん。ご近所でもあります。今回ご自宅兼事務所を新築されたのでオーダー頂きました。

使用した革はワックスとオイルがしっかりと入っているので擦る度にツヤがましていきます。

どのように変化していくのか、これからが楽しみです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出張ワークショップ

先週京都府南丹市で開催しましたワークショップの様子です。今回は出来るだけ色々な作業を経験してもらおうと革の裁断から行ってもらいました。

みなさん初めてにも関わらずとても手際よくされるのでびっくり。(中には小学6年生の女の子も)途中、裏山で罠にかかった鹿を猟師さんが解体する場面を間近で見る機会もあり貴重な体験でした。

こちらが今回制作したハサミケース。

ベルトループと本体をスナップボタンで外せるので、ベルトからの脱着や本体の掃除なども楽にできます。

また機会があれば開催したいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

クッションカバー作成

10月も半ばを過ぎてきました。gypsyでも修理品やオーダー等の加工をしつつ、新たな革素材などの仕入れも行っていきます。革以外でも何か面白そうなものがあればどんどん紹介していこうと思っていますのでお楽しみに。

というわけでいきなり革材料とは関係ないものから。

image6 (1)カラフルなトウモロコシ。食べれません。そしてむちゃくちゃ硬いです。観賞用ですね。

image5 (1)こんな感じで店の扉にも飾っています。もはや何の店かわかりませんが(笑)

そして今回の制作はレザークッション。使われていたのが汚れてきたので新たに制作しました。

image1 (23)image2 (20)image3 (8)image4 (3)ゴージャスです。

カテゴリー: 修理 | コメントをどうぞ

バック色補修と手縫い糸

image2 (19)image1 (22)今回は修理例のご紹介から。

深緑色のセカンドバックですが、全体的に色がかすれてきています。底部分の角などよく当たる箇所ほど色が剥げてきていますね。

image3 (7)image4 (2)全体的に色を入れて最後ツヤ出し加工を行いました。

image1 (20)そしてここからは新たに入荷した手縫い用の糸紹介を。まずはビニモのダブルロー引き糸。太さは太いほうから0番~5番まであります。

image1 (21)そして麻糸のエスコード。こちらも各色定番で扱っています。

image2 (18)お試し用として10色セットもあります。ちょっとずつ色々な色を使いたい人にはおすすめ。

image4 (1)こちらもポリエステルのロー引き糸。ビニモのダブルロー引きよりはロウが控えめです。

image3 (6)そして割いて使うこともできるシニュー糸。ライトタイプとヘビータイプがあります。

手縫い糸以外にミシン用の糸もあります。ミシン用は種類が限られていますのでご確認下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ヌメ革在庫入荷しました

ヌメ革を中心に在庫分の革が入荷したのでお知らせです。

まずは牛ヌメラティーゴから

image1 (19)image2 (17)image3 (5)アーリーアメリカンな雰囲気漂う革らしい革。手触りは他のヌメ革に比べると比較的ソフトで、エイジングが期待できる革です。厚みは1.3mm。

image4image5こちらは定番のタンローで、厚みは1.2、1.6、2mm。染色やカービングに適した使い勝手のいい革です。

image6image7最後に牛ヌメのキャメル色。こちらも定番で扱っています。マットな色合いが落ち着いた雰囲気に仕上がっています。こちらも1.2mm.

どの革も厚み指定できますので、まずはご相談下さい。

 

 

カテゴリー: | コメントをどうぞ

量産制作

image2 (15)10月に入り京都も本格的に観光シーズンに突入しました。お店にも外国人旅行者の方々が来られるのですが、自身の語学力の無さを毎回痛感しております。 もっと英語力を鍛えねば。。。

暑い夏の間は革いじりを休んでいた方々にとっても創作意欲の湧いてくる季節になってきました。GYPSYでも続々と新しく革が入荷していますのでそちらの詳細はまた後日ご報告します。

今回は以前から進めていました量産品について。

GYPSYでは革材料の販売や革製品の修理、加工、オリジナル商品の開発からオーダーメイド、革教室の開催といろいろ行っていますが、小ロットでのOEMも含まれています。今回は商品の企画(どういったアイテムを展開するか)から完成まで、100を超える数を進めるので1点もののオーダーとは違った難しさを実感しました。1つのものをじっくりと作り上げていく工程と大量のものを同時に進めていく工程、作るものは同じでも作り方は変わってきます。もちろん時間的な制約や金額などもありますので。

ご興味ある方、まずはご連絡下さい。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

トランクカスタム

image1 (16)以前にも一度手がけたことはあるのですが、トランクに革を巻きつけるという加工です。

image3 (4)

image2 (14)こんな感じに仕上がりました。

素材が変わると雰囲気変わりますね~

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ミニマムウォレットとお盆休みについて

IMG_0522image1 (15)以前制作したミニマムウォレットを少し改良しました。

大きさはそのままでお客様の要望で中身の構造を変えてます。

店頭にもあと少しで並ぶ予定ですので、お楽しみに!

お盆時期の営業予定ですが、8月11、12まで通常営業、13,14,15,16がお休みになります。

よろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

バック補修:色合わせ

image1今回はカバンの色合わせ補修について。

修理の内容でもよくあるのが経年変化などによる色あせやキズなどによる色補修です。まだ新しいうちにキズが付いて色が剥げてしまったりするとショックも大きいですよね。

image2 (9)両側にキズが付いてしまい色が剥げてしまいました。しかもベージュという微妙な中間色。

image1 (9)image2 (7)両側共に復活しました。(*写真加工ではありません!)

革の種類によって再現できないものもありますが、まずはお問い合わせ下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ